顧問業務について

税理士をつけずに事業を継続することのメリットデメリット

メリットはたった一つ。「税理士にお金を払わなくてもいいこと」だけ

税金の支払いは、税に対する知識がさほどなくてもできます。
書類の書き方も税務署に行けば教えてもらえます。
「ただ決められたように支払うだけ」ならそれで十分かもしれません。
ただし、減免制度、優遇制度を知らずに損をしてしまうことがけっこうあるのです。

税理士が顧問になっているかどうかで、社会の信用度がグンと変わります

顧問税理士がいると「あの会社はきちんとやっている」と認識してもらえます。その後の事業運営もやりやすいことでしょう。

本業に専念していただくために税理士ができること

会計業務全般をお世話いたします

今後の事業展開を考えて、いつ、どのくらいのお金が必要か、どのタイミングでどんな投資が必要かを把握し、全体的な流れの中で経営にいいアドバイスをいたします。

収支を明確にする会計記帳の代行も行います

ある程度の規模の会社で、専門の経理担当者が在籍している場合はともかく、個人事業主の方や小規模な会社経営者の場合、ご自身で会計の記帳もやっていらっしゃる方がいらっしゃいます。本業に専念していただき、余った時間は是非休養や趣味などリフレッシュに費やしていただきたいと思います。税務・会計業務は当事務所にお任せください。

ちょっと先を見据えた事業のご提案

開業以来、これまでの収支を吟味、収入や支出の変動がどんな具合で発生しているか、今後の予測が立つか、等長期的に安定した事業運営をしていくための客観的アドバイスを行います。

経営状態を把握するためにチェックしておきたいポイント

自分の会社の収入と支出、きちんと理解していますか

家賃、光熱費、人件費等毎月固定的に発生する支出、設備投資のように一時的に発生する支出、消費税の支払い時期等は適切ですか。季節変動のある業種の場合、支払いをいつにするかで会社経営は随分変わります。

「節税」のために無駄遣いをしていませんか

「節税のためにクルマを買った」なんていう話をときどき耳にします。そのクルマ、本当に必要ですか。必要ないものまで、節税の名のもとに購入していませんか。
本当の節税とは、会社が長く安定した経営ができるために心がけること。その理屈もコツも当事務所でアドバイスいたします。

顧問料の見直しについて

顧問契約を結ぶ際、契約書をお渡しいたします

契約書には、お支払いいただく顧問料に含まれる当社の業務内容が明記されています。
たとえば訪問回数が規定より増えた場合、その分を加算させていただきます。

クライアント様とは、できたら一生のお付き合いをしたいと願っております

その思い故に、当事務所の料金設定は明瞭でリーズナブル。
何かの手続き一つで多額にお支払いいただくのではなく、長くお付き合いしていただける料金設定となっております。

事業がいつも順風満帆とは限りません

クライアント様の夢を応援したい。
当事務所では、税務会計面からできる限りのバックアップをいたします。
収入に大きな伸びがあったら、それを次の安定的経営のために生かすアドバイスを、あまり収入が伸びなかったら、支出の見直しを。クライアント様の足並みに合わせて一緒に歩いていきましょう。

セカンドオピニオンについて

すでにほかの税理士事務所様とご契約されている方へ

すでにお付き合いのある税理士事務所があり、適切なアドバイスや対処をしてもらっていても、ほかの意見も聞いてみたい、ほかに手段はないものか、と思い悩まれるお気持ちもよくわかります。どうぞ当事務所に一度ご相談ください。

  • オフィシャルサイト
  • Facebook page
  • 初回相談無料 お問い合わせはこちら