スタッフブログ

2018.11.30更新

こんにちは、笘原税理士事務所です。
皆さんはこの年末が近づいてくる時期になると何を思い浮かべますか?
会計の仕事に携わっている人でしたら年末調整、確定申告の時期だと思われると思います。
 
しかし私が一番に思うことは、会計系試験の時期だなと感じます。
つい先日日商簿記検定試験が開催され、友人からは会計士試験の結果発表があったと聞き、
さらに12月には税理士試験の結果発表もあり、個人的には楽しくもありとても緊張する時期になっています。

 そんな中、私は日商簿記2級を受ける友人から簿記を教えてほしいと頼まれて約5年ぶりに2級の問題を見ましたが、すごく時代を感じたものがあります。
それが「クレジット売掛金」勘定です。
昔、自分が勉強していた時はそんな勘定科目もあるんだよと流されてしまいましたが、試験対策に出るまで普及していると思うと驚きでした。

 中でも印象に残っているものが、少数株主持分から被支配株主持分に科目名が変更したことです。ちょうど私が連結の勉強をはじめたときは少数株主持分という科目名で勉強していたのにいつの間にか非支配株主持分という名前に変更していて大変こんがらがってしまった記憶があります。

 このように、たった5~6年経過しただけでも会計が大きく変化していっているので学校を卒業して社会人になったとしても、勉強を続けていかなければいけないのだなと感じました。
今なら当時理解できなかった、日商簿記検定一級を取得していながら、勉強のために毎年受験している人がいるということも納得です。

 私は世間の波に乗り遅れてしまうことが多いですが、会計の波には進んでついていきたいと思います。
                  
 名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所 執筆者 松本涼

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.11.28更新

こんにちは。

笘原税理士事務所です。

本日通勤手当の取り扱いについて記載していきます。

役員や、従業員の通常の給与に加算して通勤手当を支給するケースがあると思います。

通勤手当は、『一定基準の範囲内』であれば所得税は非課税になります。
通勤手当の性質が会社に出勤するための実費補填であるという考えのためです。

『一定基準の範囲内』は通勤手段によって異なります。
それぞれの違いを確認していきます。


1.電車・バスなどの交通機関通勤者の通勤手当

1ヵ月当たり15万円が非課税となる限度となります。
この場合の非課税となる限度額は、通勤のための運賃・時間・距離等の事情に照らして、最も経済的かつ合理的な経路及び方法で通勤した場合の通勤定期券などの金額です。
経済的かつ合理的な方法による金額には、グリーン車のグリーン料金は含まれず、非課税通勤手当に該当しません。
また、通勤が最も経済的かつ合理的な経路になっていない場合(明らかに遠回りをしている経路を通勤経路として計算している場合)も非課税通勤手当に該当しない可能性が大きくなります。

非課税通勤手当に該当しない場合、課税通勤手当として給与に含めて所得税を計算する必要があります。

通勤経路、通勤方法は、通勤手当支給申請書で個別に確認していただくことをおすすめします。
また、通勤定期券の写しを提出してもらうなど実態の確認も忘れずに行ってください。不正受給の防止につながります。


2.車両・自転車などの交通用具通勤者の通勤手当


自動車、原付、自転車で通勤している人の非課税となる1ヵ月あたりの限度額は、
片道の通勤距離(通勤経路に沿った長さ)に応じて定められています。


2キロ未満・・・非課税
2キロメートル以上10キロメートル未満4,200円
10キロメートル以上15キロメートル未満7,100円
15キロメートル以上25キロメートル未満12,900円
25キロメートル以上35キロメートル未満18,700円
35キロメートル以上45キロメートル未満24,400円
45キロメートル以上55キロメートル未満28,000円
55キロメートル以上31,600円


グーグルマップで自宅から職場まで通勤距離を算出できます。
計算基礎の覚えとして検索したグーグルマップを印刷していただくことをおすすめします。


引越し等で通勤手段が変更になっていても通勤手当がそのままになってしまっているケースも見受けられます。
定期的に支給金額に誤りがないか確認されるようご注意ください。

 

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 平松賢治

 

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.11.16更新

皆様こんにちは!気持ちシリーズ第10弾。
本日も3分程度のおつきあい、宜しくお願いします。

皆様の職場では、一風変わった行事はございますか?
当事務所では、毎月全体ミーティングを行なっており、
従業員全員でのランチタイムがあります。

以前は、このランチタイムは金山駅周辺で外食、もしくは
カレーやお寿司などの宅配で、雑談をしながら頂いていました。

最近は・・と申しますと、この9月から若手の新人君が入社、
仲間が増えたわけですが、その新入社員のM君がなんと、
11~12名分のお昼ご飯を作ってくれているのです^^

メニューはある程度、所長と相談しているそうですが、
9月は素麺、10月は本格カレー、11月は芋煮・・・と
バラエティに富んだメニューで楽しませてくれています。

芋煮で初めて知った、山形の高級里芋。
醤油ベースで、あっさりしていて、煮崩れせず、
こんな芋煮があるんだ~と驚きでした。
とても美味しかったです(個人的にはスキヤキより好きな味♡)。

何事も準備8割・・・と言われますが、
運ばれたお料理を前に、M君がどんな気持ちで、
インターネットの莫大な情報のメニューの中からこれを選んで、
どんな場所で、どんな考えでこの食材を購入したのか・・等々、
食す以外にも、想像が膨らみ、とても楽しい食事の時間です。

主婦歴26年。
毎日毎日、来る日も来る日も、料理と向き合っています。
(だから?)、面倒くさい・・・と思う日も幾度もあります。
でも、核家族の人数なんて、しれているな・・・と。

M君がしっかり段取りして作ってくださった料理を前に、
素材の活かし方や、食べてくれる人が「美味しい」と
感じてくれる料理を作る難しさや、楽しさ、
色んなことを改めて学ぶことができました。

「料理」とは、「理=ことわり」を「料=はかる」と書きます。

「理=ことわり」とは、ものの道理。
「料=はかる」とは、見当をつけてはかる。おしはかる。

私は料理のプロではないですが、
私たちの心身の源になる毎日の食事を、
食べる人の理をはかって(料)、大切にしていきたいなぁと感じました。

執筆者 金山総合駅徒歩1分 笘原拓人税理士事務所  吉見 文代

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.11.15更新

こんにちは、笘原拓人税理士事務所です。

 先日、蒲郡の商工会が主催するイベントに参加してきました。イベント名は、「みかん合戦」です。イベント内容は、みかんの代わりにオレンジ色のゴムボールを使って6人対抗戦で行う、陸上の雪合戦です。

最初、友人から誘われた時にイベントタイトルのみで参加を快諾しました。理由は、タイトルから内容をおおよそ想像ができたこともありますが、何より「面白そう」と思ったことです。

A4一枚のチラシは、あとから見ました。若干の想像と違う内容はありましたが、そこは問題ではなく、当日をイメージして更に楽しみが膨らみました。
商品の名前や、企画のタイトルで集客する
まさに、商工会の日々の賜物であると思いました。
キャッチコピーや色彩などのいわゆるテクニックは、世に溢れているとは思います。プロにお願いをすれば予算がかかると躊躇してしまっている方も多いとは思います。
フレーズひとつで、大きな集客に繋がることを体験した1日になりました。

結果は、42歳のオヤジ集団が予選を勝ち抜き決勝リーグで2位という驚きの結果でした。
1位とは僅差で少し欲がでましたが、現役消防士軍団によく戦ったと思っています。
決勝リーグで、現役高校生で野球強豪校の野球部軍団に勝った時のはしゃぎ様は、今思うと少し恥ずかしくなります。
とても、楽しいイベントに参加できて満足感があった休日になりました。


名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 吉原克宜(よしはらかつよし)

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.11.13更新

前回の記事で次回のテーマとして残しておいた、
配偶者控除・配偶者特別控除の改正について、を今回はテーマにしたいと思います。

そもそも、今回の改正の趣旨としては、
税制改正大綱に、「・・・・・・就業調整を意識しなくて済む仕組みを構築する観点から、配偶者控除・配偶者特別控除の見直しを行う……」とあります。
また、担税力(税を負担する能力)にも着目した改正となっているようです。

簡単に言うと、いわゆる、扶養の範囲内で働きたい、という人が行っていた働く時間の調整をあまり気にしなくて済むようにします、ということと、所得が一定程度ある人については、所得控除自体を小さくします、というものです。

今回の改正の大枠をみてみると、
① 合計所得金額が1,000万円を超える居住者は、配偶者控除の適用を受けることができなくなった。
また、配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額が38万円超123万円以下となり、その控除額が改正されました。
国税庁の図解と表が一番わかりやすいと思いますので、参考として付けておきます。
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/h29aramashi.pdf
② 源泉徴収税額を求める際に、扶養親族等の数の計算方法が変更されました。
③ 給与所得者の扶養控除等申告書等の様式が変更されました。

以上の3つになっています。

おそらく、②については、皆様が経営・お勤めされている会社で対応をしてもらえると思いますが、①と③については、皆様がご自身で確定申告ないしは、会社から年末調整としてもらうことになる扶養控除等申告書等でしっかり記載して下さい。
 書いていないから、控除が受けられなかったり、間違って書いていたから、あとでお便りがきて訂正し、追加で納税というのは嫌だと思います。
 
 特に給与所得しかない方については、ご自身で申告しない限りは、ご自身の納税について振り返る機会がないかもしれません。これを機に一度いかがでしょうか?

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所
執筆者 坂本力哉

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

  • オフィシャルサイト
  • Facebook page
  • 初回相談無料 お問い合わせはこちら