スタッフブログ

2018.08.09更新

今回は、『アドラー心理学から学ぶ上司が部下に不適切な行動をとる理由』についてお伝えしたいと思います。

人は失敗から学び、成長していく生き物です。
それは、職場における部下においても同様です。
そのような中での上司の役割は

部下の失敗の原因を究明する
→それを対策して部下の成長を促す
→業務改善につなげる
ことです。

しかし、中には部下の些細な失敗について部下の人間性まで否定し、他の社員に聞こえるように執拗に罵倒したりする上司がいます。
それが繰り返されると、仕事への自信や意欲を失い、休職や退職、ましてや自殺まで考えるほど追いつめられることもあります。
また、他の社員までもが委縮して伸び伸びと働けなくなり、職場全体の士気が下がる恐れもあります。
それでは冷静に考えれば、それが自分の評価を落とすことになるにも関わらず、なぜそのような行動を起こすのでしょうか?

原因はその上司の内面のコンプレックスにあります。
コンプレックスの原因は様々ですが、上司は自分の心を直視してコンプレックスを克服するのではなく、自分の問題から目をそらすために部下の失敗を攻め立て、自分の精神の安定を図ろうとしているのです。

これを心理学では投射といいます。

他に、部下に優しすぎる上司もいます。
少子化を背景にしたほめて伸ばす風潮の下、親に叱られたことのない若者が増えています。
そのため、遅刻を平気で繰り返す等、社会人としての基本ができていない人もいます。
そんな社員の存在も、職場全体の士気を下げる原因になります。

けれども、指導する立場にある上司が見て見ぬ振りをする場合も少なくありません。
そのような上司は、部下がミスをしても、叱って訂正させるのではなく、自分で直し、部下とのいざこざを回避しようとします。

一般的に、部下から上司にどうみられているかを気にするよりも、上司から部下がどうみられているかを気にする傾向にあります。その傾向の強い人ほど、部下に優しくします。

このような上司は、自己肯定感が低いという特徴があります。

経営者の方々は、部下との適切な関係をはかれていない中間管理職の方々にアプローチをし、会社全体の士気を高めていきましょう!

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 大藏陽子

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.08.08更新

こんにちは。8月5日から今年も夏の甲子園がスタートしました。
今年は100回記念大会ということで、例年とは違う点がいくつか
あるようです。たとえば、次のような点です。

① 出場校数の多さ 
今大会は、56校が出場します。多くの県で1県2校が出場します。
事務所のある愛知県も通常は1校ですが、今年は2校出場します。
それぞれ西愛知(尾張)と東愛知(三河)から選ばれました。
他県民の方からすると、何が違うの?と思われるかもしれませんが
方言等違うところがチラホラ。この話はまた改めてしますね。

② レジェンド始球式
過去、甲子園を熱狂させてくれた名プレイヤーによる始球式が
開幕の5日から決勝戦の21日まで連日実施されます。
すでにプロ野球を引退されたOBをはじめ、幅広い世代の
選手が見られます。

③ 信じられない暑さ
連日日本中のどこかが40℃近くまで気温があがっているという
信じられない暑さが続いています。甲子園は言うまでもなく屋外球場。
高校球児だけでなく、関係者の方や現地に応援に行かれている方や
サポートをされている方々が安全に甲子園を楽しめることを願います。

普通のプロ野球と違い、負けたら終わりの甲子園。青春をささげて
ひたむきにプレーする姿に世代を問わず、惹きつけられるスポーツ。
いつもとは違う甲子園、今年しかできない楽しみ方で観戦していきたいと
思います。

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 Y.O

 

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.08.03更新

こんにちは、笘原拓人税理士事務所です。

 『危機管理 能力』という言葉を、最近よく耳にしませんか?今日は、この危機管理能力についてお話ししたいと思います。

先日、二日間予定していた蒲郡祭りが台風の影響で初日中止になり二日目だけを開催することになりました。メインの花火大会は二日目の夜のため概ね祭り自体は成功という結果だったと思います。
ただ、初日中止に対して様々な意見がでています。実際、初日の日中は何事もなく夜から台風が予報通りきました。テナント等を出店する方々は、初日中止が前日に決まったことなどに激しい意見が飛び交っていました。
特に、今は災害にたいしてのガイドラインは厳しく設定してあるのだと思いますが、避難勧告等も放送され、私自身も少し違和感を覚えました。

『危機管理能力が高すぎる』『危機管理能力が低すぎる』などとSNSなどを中心に様々な意見がとびかっていました。

ここで、今回のブログテーマである『危機管理とリスク管理』に触れると、まず危機管理とはその字の通り【危機を管理する】、つまり危機が起きて被害を最小限にするために管理すること、そしてその能力を【危機管理能力】と言います。
対して、【リスク管理】とはまだ起こっていないことを予測してその被害を最小限にするために管理すること、そしてその能力を【リスク管理能力】と言います。

今回、蒲郡市は台風の進路が予測されている中、いちかばちかで開催して様々な被害が起きるリスクを回避するために前日の開催中止を選択した、リスク管理能力。
逆に二日目に台風は去ったものの、風がいつもより強い状況で開催した危機管理能力。
二日間どちらも、中止にするという選択もあったと思います。

危機管理とリスク管理の言葉の意味を考えると、SNSで飛び交っていた『何も考えないで中止』『市役所は開催して何かあったら怖いから二日間中止するよ』
祭りまで何カ月も準備をしてきた主催側の蒲郡市が下した判断にそこまで強く言えないのではないでしょうか

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 吉原克宜(よしはらかつよし)

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.08.02更新

みなさん、こんにちは
今回は、私が前回と前々回に執筆した「ネットショップを始める人が事業を始める前に確認すべきこと」、「法人が課税事業者選択届出書の提出が遅れた場合については〇〇〇〇〇によって解決できる」の続きのお話です。
(前回の記事はこちら、前々回分の記事はこちら。)
ネットショップなどを運営して海外に商品を販売したい、している方々は消費税の還付を受けられないとなると大幅な損をする可能性があるので本当に注意が必要です。ぜひ過去の記事をご一読下さい。

さてここからが今回の本題です。

個人事業主の場合は、前回ご紹介した法人の方法を採用することができません。
なぜなら、個人事業主は法人とは異なり、事業年度が1月1日から12月31日と決まっており、変更をすることができないからです。
つまり、個人事業主として活動しはじめて、翌年の3月の確定申告に申告すれば大丈夫。という単純な話ではないのです。1年終わったからさて税金を考えていこうかと、行っていると実は損をする可能性があります。

輸入ビジネスを行っていて、仕入れなどで支払う消費税が多くて、どうしても消費税の還付を受けられるようになりたい。
そんな個人事業主は、法人成りによって解決できます。
個人格と法人格とでは、法律上別人格として理解されるためです。
すでに、課税事業者選択届出書の提出が遅れた個人事業主の時代の消費税の還付を受けることはできないですが、法人成りした後は、法人としての還付は受けることができるようになります。
ただし、法人成りの際や法人成り後は、法人として取り扱われることとなるので、個人事業主と異なって新たに増加する負担、減少する負担があるでしょう。単純に還付を受けて得をするという1点のみを検討するではなく、全体の最適化のために税理士に相談することは必須でしょう。
次回は、個人事業主と法人の両方で活用できる〇〇〇〇の〇〇についてです。

初回相談は無料です。
お気軽にお問い合わせください。
公式ホームページもご覧ください。


名古屋市中区金山で評判の若手税理士による開業・起業・会社設立支援・創業融資・資金調達・銀行融資のご相談は笘原拓人税理士事務所まで。

 

執筆者 坂本力哉

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

  • オフィシャルサイト
  • Facebook page
  • 初回相談無料 お問い合わせはこちら