スタッフブログ

2018.07.31更新

皆様こんにちは!気持ちシリーズ第5弾。
本日も3分程度のおつきあい、宜しくお願いします。

先日、仕事での訪問ではないですが、
某女社長(以下、S社長という)と雑談できる有意義な時間がありました。

そ、その前に!!!
私にとって、昨日気づいた大変なことがありました!!
笘原拓人税理士事務所の副所長、吉原 克宜・・・
もう何年も、ずっと、副所長の名前を間違えて覚えていました( ´艸`)

正:ヨシハラ カツヨシ 

ほんっとに、ヨシハラ カツノブさん、と思っていました!!!!
吉原さん、すみませんm(__)m
こんな近くの上司の名前を間違えているなんて・・・
結構、ショックでした(笑)
これに気づいたのは、このブログ。
執筆者 吉原 克宜(ヨシハラ カツヨシ)←このフリガナです。

知っているようで知らないこと、たくさんあるなぁ・・
思い込み、気をつけます(笑)

ちなみに、所長は、笘原 拓人(トマハラ タクヒト)です。
2,005年、2,011年の赤ちゃん名前ランキング入り
「タクト」君ではありません(笑)

さて、話を戻します。

そのS社長は、私より5つも年下でとっても魅力のある方です。
アルコールが大好きな三河の女性。
その方との出会いは、タクシーの無賃乗車です^^

プライベート半分、仕事半分での、栄で飲み会。
パクチー焼酎で楽しみすぎて、時間を忘れ、終電ギリギリの時間に・・・
帰る方向が同じ私たちは、タクシーを捕まえ、S社長が一言。
「私たち、どうしても終電に乗りたい!!
 名駅でも、金山駅でもいいから、必ず間に合う駅に連れて行って!!!」
と。

タクシーの運転手さんは、「え???????」
という言葉を飲み込み(そのはず)、
急いで金山駅に向かって走り出してくださいました。

その間、そのS社長はタクシーの運転手さんに、
「ねーねー。間に合わなかったら、私たち2人、
〇〇市と〇〇市に追加料金なしで〇〇円で乗せてってね~♡」と。

「え???勘弁してください(;’∀’)」と運転手さん。
(気が気じゃなかったでしょうねぇ~あの時の運転手さん( 一▽一))

当時、完璧な?サラリーマンだった私は、
「すごいなぁ~経営者って。
頭の中が私と違う&交渉術ハンパねぇ~!!!!」
って、タクシーの中で、心の中で(笑)思っていました。

そしてそして、ギリギリ着の金山総合駅。
到着するや否や、
「お代はいいから!!!早く!!!降りて!!!行って行って!!!」
と、タクシーの運転手さん。

私たちを、無賃で栄から金山まで乗せてくださった、
あの時の運転手さんの全体最適?のご判断には恐れ入ります。

そして、車内で酔っ払いながらも運転手さんの心を掴み?その気にさせたS社長。
今でも(私には到底できませんが(笑))あの出来事は忘れられません。

あのタクシー会社の運転手さん、優秀な社員として、
更なるご活躍で会社を盛り上げていらっしゃることでしょう。
そしてS社長は、当時と変わらずお元気で大変ご活躍され、
更にパワーアップしたオーラを放っておられます。

近日、笘原税理士事務所では「スカウター」という
性格診断を取り入れており、従業員全員、それを受けました。

私の結果は「人に物を頼むのが苦手」という診断。
仕事柄(職業病?)なのか、何にしても「紙一重」である表と裏。
いい意味では責任感が強い。でも、人に物を頼むのが苦手、ということは、
自分でなんでもやろうとしてしまう、ある意味、人を信頼できていない?
とも考えられます。

そのことをS社長に話したところ、
「以前の私はそうだった。でもダメな自分を目指したら、
ラクになったし、相手に感謝できるようになった」と。

「なんでこんなこともできないんだ?」
と思われたくない自分がいて、
「仕事ができる自分でいたい」という心があって、
それを捨てようと努力したとき、
周りのパワーにとても感謝できるようになった、と。

根っからの経営者(センスありあり)でも、
「ダメな自分」を創り出し、周りを信頼する努力もあって、
組織力を強め、強い企業に成長させていらっしゃるんだな・・と、
改めてその凄さを感じ、惚れ直しました(笑)

今現在の私に、仕事ができる自分でいたい、
というようなプライドはあまりないのですが(少々あった方がいいかな(笑))
癖と言いますか、他の方も忙しいだろうなぁ・・とか、
勝手に思い込んで行動してしまう節があります。

従業員のパワーを引き出すセンスと努力。
経営者に必要な素質であると感じさられ、とても勉強になった時間でした。

S社長、いつもありがとうございますっ♪
また面白い雑談、楽しみにしています!(^^)!
いろんな出会いがありご縁をいただけるこの仕事・・・
やめられません(笑)

S社長に(*´ε`*)チュッ♡としたい 吉見 文代

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.07.30更新

請求書ってそもそも何でしょうか?
広辞苑では「品物の代価の支払などを請求するために差し出す文書」
ウィキペディアによると「請求書(せいきゅうしょ)とは、何らかの行為を求めていることを相手に通知するために発行する文書である。」とのことです。
ご商売をされている方にとっては、商品やサービスの代金を取引相手に請求する書類ですね。要は、お金を払って下さい、という書類です。

では、請求書はどの様に作成すればよいでしょうか?
今はインターネットで無料のテンプレートが沢山ありますね。その中からお好みのものを採用されてもいいですし、請求書発行枚数の多い方は、売掛金の管理と連動できる請求書作成ソフトを導入されるのも便利です。

記載されるべき内容は、
① 表題:「請求書」と記載します。
② 宛先情報:相手先の会社名や担当者名など。
③ 請求者情報:請求者の屋号や事業所所在地について。電話番号やメールアドレスを追加で記載しても構いません。
④ 印鑑:請求書の印鑑(角印)は法的に必要なものではありませんが、印鑑がないと受け取らない会社もあります。
⑤ 請求書番号:こちらが管理しやすいように、任意で番号をふります。
⑥ 請求日:請求書を発行した日付
⑦ お支払い期限:一般的には、請求日の翌月末までに支払いを求める事が多いです。
⑧ 請求項目:商品名、数量、消費税、合計金額など
⑨ 振込先情報:請求者の口座情報を記載します。
   銀行名 / 支店名 / 預金種目 / 口座番号 / 口座名義  
⑩ 備考:振込手数料などについて記載しておきましょう。                      例) 誠に恐れ入りますが、振込手数料は御負担下さいますようお願い申し上げます。
それでも、振込手数料引かれちゃうことが多いです

請求書は郵送されることが多いですが、手渡しでもメール等で送ってももちろん構いません。メールで送る時は、PDFがいいでしょう。ExcelやWordのまま送ると改ざんが出来てしまいます。

請求書の発行は、締め日の翌日から営業日を数えて3日目まで。ということをよく聞きます。
相手先から提出期限が提示されている場合は、それに間に合うように作成すればいいのですが、提示されていない場合は、締め日を過ぎたら速やかに作成・送付が望ましいでしょう。

請求書の控えを保存しておくことも大切です。
紙の状態で7年間の保存。が原則です。
Excelやソフトで作成した請求書も控えをプリントアウトするか、郵送直前の請求書をコピーしてファイルへ綴っておきましょう。


以上、初めて請求書を作成する方や基礎を再確認したい方のお役に立てたら幸いです。
ありがとうございました。


名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 加藤

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.07.27更新

はじめまして。7月から笘原拓人税理士事務所の一員となりました。
今回は初めてのブログですので、笘原拓人税理士事務所に入社して
印象的な風景をご紹介したいと思います。

① ツールの活用
他の職員の方が以前のブログでご紹介している「チャットワーク」をはじめ
複数のツールを活用しています。これにより、外出中の職員の方と瞬時に
連絡が取ることができます。また、情報を文字や画像で残せるので聞き間違い等を
防ぐことができます。

② スピード感
所長の判断の元、やると決まったことは即実施。なぜ実行するかを丁寧に職員に
説明していただき、理由を理解した上で実施するようにしています。また日々の
業務も工数の目安があり、数的な目標値が明確なのは仕事をすすめる上で
とてもわかりやすく身近な指針になるのでやりがいにつながります。

③ 取捨選択
① ②でご紹介したことは機械的に業務をスムーズにすすめるために必要なことです
が、これに加えて一般的な企業で昔から行われていることも実施しています。
例えば、朝礼や毎日の日報報告。一見手間がかかり無駄かなと思われることでも
他の職員の方とスケジュールを共有することや一日の作業内容を振り返ることは
業務を効率的にすすめるために欠かせないものです。新しいもので使えるツールは
積極的に取り入れる一方、昔からある欠かせない工程をないがしろにしないことで
よりよい仕事につながります。

抽象的なお話になってしまいましたが、「新しいものを積極的に取り入れ、昔からの大切なものは継続する」という姿勢は仕事だけでなく、日常生活でも大切だなと感じます。
つい、毎日の家事などでも惰性で続けていることなどもあるかと思います。
ほんとにそのやり方でいいのかな?もっと工夫できないかなと考えると
思いもよらないところで意外な成果が得られるかもしれません。

 

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 Y.O

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.07.26更新

こんにちは、笘原拓人税理士事務所です。

連日猛暑が続いていますね、皆さま熱中症対策は万全でしょうか?
愛知県のお隣の岐阜県・多治見市では先日40.7度を観測したとか、流石日本一暑い街を主張するだけありますね。
上記の猛者ほどではないですが、金山も負けず劣らず猛暑が続いています。
事務所まで辿り着けば冷房が効いているのですが、朝の出勤だけで既に汗だくです。
かくなる上は思い込み作戦、心頭滅却すれば火もまた涼し。
『暑くない暑くない、涼しい涼しい……』
……ここまで暑いとやっぱり暑いものは暑いです。

私の軟弱な精神力は置いておくとして。
ただこの「思い込む力」、中々侮れないと言われています。
プラシーボ効果(偽薬効果)と言われるように、偽物の薬でもそう言われて処方されると実際に効き目が出るというのはよく聞く話です。
逆に、全く無害の錠剤を「これは毒です」と偽って投与すると体調が悪くなったりもするとか。
この偽薬の処方については医師法でもちゃんと規定があるようです。
また、「成功者は思い込みの激しい人が多い」「思い込みの激しい人ほど成功する」という意見もあるようです。
自己啓発でも「思い込む力」をテーマとして、色々な視点から様々な方が本の執筆やセミナーをしていますね。

コツは成功を思い描いたポジティブな思い込みをすることだそうです。
私もポジティブ思考で体脂肪の減少や血糖値上昇を抑えると謳うこの特保のお茶を飲みたいと思います。
熱中症対策にもなりますし、強く思い込んで飲めばこの夏ダイエット成功は間違いありません……多分。

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 Y.M

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.07.25更新

こんにちは。

笘原税理士事務所です。

本日の金山駅周辺の最高気温は39℃です。

非常に暑いです。日中の人通りは通常よりも少なく感じます。

猛暑日は自動販売機で飲料を買うケースが増えてきます。

そこで本日のテーマです。

『自動販売機で飲料を購入した場合経費で落とせるの?』

自動販売機での購入は領収書が出ないため、経費の計上方法に困りますよね。

領収書が無い場合は、出金伝票に必要な情報を記載することで経費に計上ができます。
必要な情報については下記1~4になります。

1.日付   
2.支払先
3.金額
4.内容

例)
1.7月25日
2.中区正木4丁目コカコーラ自動販売機
3.800円
4.会議打合せの飲料代 ペットボトルお茶160円×5本

となります。

出金伝票は100円ショップにも陳列されています。
今まで実践されていなかった方は参考にしてみてください!

 

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 平松賢治

 

 

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.07.24更新

毎日暑い日が続いていますね。皆様、体調はいかがでしょうか?
我が事務所のある東海地方、愛知県名古屋市は特に暑いです!
早く暑さが落ち着くといいですね。
私は確実にすでに夏バテ気味です(;^_^A

水分ばかり取りすぎて食欲が出ない、だからと言って食事をおろそかにするとますます体力が落ち、熱中症になりやすくなるなんていう悪循環に陥ってしまいます。
今回は夏バテに効く食べ物のおすすめについてお話します。

夏バテに効く食べ物、うなぎやレバー、夏野菜など思いつきますが、
夏野菜のなかでも私の一押しはゴーヤです。
スーパーで特売日に安く売っていたり、近所の方が育てていておすそ分けでもらったりと身近になった野菜ですが、私がお話していると苦手な人や食べ方がチャンプルーしかないんじゃない?という人もいました。

ゴーヤは栄養価も高く、胃を丈夫にするために胃液の分泌を促して食欲を増やしてくれるので夏バテ予防にも最適だそうです。
食べないなんてもったいないですよね!
レシピも毎回チャンプルーでは飽きてしまうので、我が家では
ゴーヤとツナのサラダ
ゴーヤの漬物
ゴーヤの佃煮などいろいろレパートリーを増やしています。

最初は苦みが苦手だった子供たちも今では大好きとまではいきませんが美味しく食べています(*^-^*)
今まで敬遠されていた方、このブログをきっかけにぜひ今年の夏チャレンジしてみてくださいね。
皆さんが元気に夏を乗りきることができますように!!

 

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 A.W

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.07.23更新

みなさん、こんにちは
今回は、私が前回執筆した「ネットショップを始める人が事業を始める前に確認すべきこと」の続きのお話です。
まだの方のためにここでは簡単におさらいします。
税法上では、提出期限が厳格に定められている届出が多く、とりわけ事業を始めようとする方、始めて間もない方は、注意が必要です。
ネットショップなどを運営して海外に商品を販売したい、している方々は消費税の還付を受けられないとなると大幅な損をする可能性があるので、あえて課税事業者を選択する課税事業者選択届出書の提出を検討してみましょうというお話をしました。(詳細を知りたい方はこちらから)

さてここからが今回の本題です。
お読みいただいている皆さんのなかには会社は設立したものの、実質的に活動をするまでしばらくの時間があったという方もいなくはないでしょう。
もしくは、期限が定められていることを知らずに、知らないうちに経過してしまったという方もいるかもしれません。
そんなあなたが、法人であればここからよりしっかり読んでください。
法人が届出の提出が遅れた場合については決算期変更を行うことによって損失を最小限に抑えることができます。
法人の決算期は、1年以内であれば自由に定めることができるので、決算期を変更することによって、一度その事業年度を終了させます。
その事業を終了させる前に、新しい事業年度から消費税の還付が受けられるように課税事業者選択届出書を提出すれば良いのです。
ただし、決算期変更には、定款の変更など費用が掛かってしまいますので、実行する前に一度落ち着いて税理士に相談した方が良いでしょう。
ちなみに、個人事業主の方は、〇〇〇〇によって解消できるでしょう。これはまた次回へ

初回相談は無料です。
お気軽にお問い合わせください。
公式ホームページもご覧ください。


名古屋市中区金山で評判の若手税理士による開業・起業・会社設立支援・創業融資・資金調達・銀行融資のご相談は笘原拓人税理士事務所まで。


執筆者 坂本力哉

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.07.20更新

先日、事務所から研修へ行く機会を頂戴し、『アドラー心理学の職場コミュニケーションへの生かし方』という講義を受けてきました。

今回はその中の、『経営者側から見たアドラー心理学の活用法』をお伝えしたいと思います。

アドラー心理学は、少し前に「嫌われる勇気」という本がベストセラーとなって、有名になりましたが、元は子育てのための心理学です。
子育てに使える→部下の育成、職場での人間関係の構築にも使える
という考えです。

最近は若い人達の離職率が高く、職場に定着しないと社会問題になっています。
事業主の方々を悩ませる一つの要因でもあるのではないでしょうか。
そんな悩みお解決の一つに活用できるのが、このアドラー心理学です。

主軸となるのはこの2つです。
① 物理的条件よりも、心理的条件の方が、業績に大きく影響する。
② 知識・技術よりも、意欲・姿勢の方が人材育成には大切。
 
実は、人は賃金が上がっても、褒められなければ満足しません。そのため、心理的条件の方が、物理的条件よりも、企業業績に影響するわけです。
また、仕事に対する意欲・姿勢がなければ、知識・スキルは生かされません。宝の持ち腐れとなってしまいます。意欲・姿勢の土台があるからこその、知識・スキルということです。

つまり、環境を変えたら生産性が上がるかというと、それよりも人は注目される方が頑張ります。そのため、モチベーションを上げること、関わらせることが大切です。そして、社員が規則を守るかどうかは仲間内の雰囲気次第です。

新入社員の方々も、憂鬱な梅雨が明けたと思ったら、この連日の猛暑に体が堪えてきているころではないでしょうか?
そんな時に経営者の方々が、彼ら、彼女らの意欲が衰えないように、褒め、注目を集めてあげて、モチベーションを高めてあげることで、更なるジャンプアップへと導いてあげてください!
そして、「世間では若者はすぐに辞めると言われているけれど、うちの若手はとても意欲で満ち溢れているよ!」といったお声を是非届けてくださいませ。

 

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 大藏陽子

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.07.18更新

皆様こんにちは!気持ちシリーズ第4弾。
本日も3分程度のおつきあい、宜しくお願いします。

“人は感情の生き物だから”という言葉、もう何年も前になりますが、
ご縁がありました某社・取締役K様から教えて頂きました。

そこから、相手に対して「なんで?」と思わなくなり、
そう思わないことで、自身のイライラ・沸々がめっきり少なくなりました。
感情をコントロール(我慢ではなく)しているのではなく、
「そういうもんだから」と納得することで、腹に落とせます。

自分も“人”なら、相手も“人”です。
立場は違っても、“人”は“人”。感情の生き物なのです。
そう思えば、楽になりませんか?
「こうでなければならない」とか「普通こうでしょ?」
という自身の相手への思い込みや偏見が、結果、自分自身を苦しめているように思えます。

とはいえ、自分も“人”であり(あると思っている)、感情の生き物で、
めっきり少なくなったとはいえ、ムカッとくるときもあります(笑)

その時私は、すぐに思い返す言葉を常に意識しています。
それは、「目的は何か」です。

今、自分は何をしようとしているのか、をすぐに考えるようにしています。

子育て中にあった出来事です。
当時、中学生の娘が、門限を守りませんでした。
勉強も、そこそこ頑張っていた娘ですが?それとこれとは話は別です(笑)

夏休み最後の思い出に、友人たちとテーマパークに行くということで、
当時、私が許した門限は22:00。
女子中学生の門限が22:00・・・
私にとっては、最大限に考慮した門限だったのです。

21:45くらいからソワソワし出す私。
約束の22:00を過ぎ、メールをしました
(当時、既読という設定はありませんでした)が、返信なし。

次に電話をしました。
電話に出ませんでした。

さぁ、私のイライラはピークに達しました。
(誤解があるといけません、ここでのイライラは心配からくるものです(笑))

電話をかけまくりました。
出ない・・・既に22:30をまわり、携帯電話とにらめっこする私。
隣にいた主人はといえば・・・
“触らぬ神に祟りなし”です(笑)

22:42 娘から「今、〇〇駅に着いた。」とメールが入った。
普通に歩くと12~3分程度かかる道。

22:50 ガチャ・・・ただいまぁ・・・と、か細い声。

~そのあとの私の怒声は、ご想像にお任せします~

そしてもちろん始まった、説教タイム。

私「なんで電話に出なかったの」
娘「気づかなかった」
私「電話は気付かなかったとして、時計は?」
娘「話が弾んで、時間を忘れていた」
私「前にもあったよね?あの時、時間忘れないために考えたことは?」
娘「アラーム」
私「じゃあ、なんでアラームにしとかんの?」
娘「アラームも気付かなかったんだって!!(キレ気味)」
私「(娘以上にキレ気味)じゃあ、次はどうするつもりなの?
  仕方ない、だって忘れちゃうんだもんって終わらせるつもり???!!!」
娘「・・・」
突然、主人(父)登場。ムスッとうつむく娘に一言。
「お母さん、心配なんだって。連絡くらい、入れようか。」
娘「・・・うん。ごめんなさい」
私(まだ治まらない(笑))
「貴女が、絶対に門限守れる方法を考えて母に教えて!!」
娘「・・・はい・・・」

~翌日、娘が考えてきた「時間(門限)を忘れない方法」とは~

娘「お母さん。昨日は心配かけてごめんなさい。」
私「うん」
娘「楽しいと、アラームも聞こえんし(耳)、時計もみるのも忘れるし(目)、
  誰か友達に言ってもらおうとしても、その友達も忘れているからこうなる。
  だから・・・、名古屋駅21:00が終電って思うようにする!!
  21時〇〇分の電車に乗る!! と、遊ぶ前(朝)に決めて、
それを友達にも言って、アラームかけておけば、
  そうしたら、今までよりは、ずっと気にすると思う。」

そう。彼女が考えた方法とは、
「うしろのJRの時間を決めておく」でした。

中学生の娘にとって、門限は要らないものですが、
さすがに、家に帰ってこられなくなるのは困るようで、
そのための手段、電車は必要。電車がなくなるのは、非常に困る。
そこを利用する、というものでした。

JR東海に負けた母の愛・・・

少し悲しい気もしましたが、
「目的は何か」 娘が無事、帰宅してくれること。
を考えれば、ヨシとしなければ!!
ありがとう・・・JR東海・・・

“人は感情の生き物である”ことを認識し、
“目的は何か”を常に意識すること。
是非、お試しくださいませ。
一応、門限0:00の兼業主婦   吉見 文代

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.07.17更新

こんにちは、笘原拓人税理士事務所です。

にわかサッカーファンの締めくくりとしてワールドカップ決勝を視聴しました。
決勝は、皆さんご存知かと思いますが『フランス VS クロアチア』でした。
前半は、素人目で見ても何か両チームかみ合わない雰囲気で得点を取り合い2対1でフランスリードでした。

後半始まる前に、高3の長女が寝むれないと起きてきたので一緒に見ることになりました。
開始早々、攻めるクロアチアという印象でしたが流れをつかんだフランスがあっという間に2点追加して4対1となり、勝負を決めました。クロアチアも奇跡のような1点を追加して最終的には4対2でフランス優勝という結果になりました。

試合の印象は、クロアチアの選手の名前の覚えにくいこと・・・なんて『にわかサッカーファン丸出し』をして私のワールドカップ視聴は終了しました。

長女と一緒に、夜中に見たワールドカップは私にとってサプライズになりました。
『次の大会は、4年後だね』
『その時は、長女は22歳だね。』
と、自分から話し出したテーマなのに少し感極まってしまいました。

最後にいつも私ならきっと
『この4年間、一生懸命がんばれよ』と言っていたと思うところを

『この4年間、楽しみだね。』と言いました。

長女は、『楽しみかぁ』と反応して就寝しました。

どのように、娘に伝わったかわかりませんが、娘の成長とこれからの活躍を祈る父としては、とても貴重な後半45分になりました。


名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 吉原克宜(よしはらかつよし)

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

前へ
  • オフィシャルサイト
  • Facebook page
  • 初回相談無料 お問い合わせはこちら