スタッフブログ

2016.11.09更新

 

ネットショップを経営している方、ECサイトを通じて輸出をしている方には、重要なお話です。


 消費税法の改正により、平成27年10月よりアマゾンの手数料の一部分(専門的には、電気通信利用役務の提供に該当するもの)に消費税がかかることになりました。(リバースチャージ方式による消費税課税。)
 結果として、現在、アマゾンを利用している方は、消費税分の負担が増えていることになります。

 

 ですが、増えた消費税分の負担が控除されることがあります。
 消費税法上の細かいルールはありますが、原則(一般)課税を採用している方は、改正後に増えた消費税の負担が減る可能性が高いです。
 また、現在、売上のうち海外への売上(免税売上)が多く消費税の還付を受けている方は、還付額が増えることが見込めます。

 

弊所の顧問先でも、還付額が増えた、ご依頼を受けて更正の請求という手続きにより追加で還付を受けられた方がいます。

 

次のような方は一度お問い合わせください。
①消費税の申告をしたけれど、負担が減るなら減らしたい、還ってくるなら還してほしい。
②そもそもどの資料が必要かわからないから、最初から見てほしい。
③自分で今まで申告をしていたけれど難しくなったから見てほしい。

 

 

アマゾンを利用しているかたは、いまのままでは損をしている可能性大です!
できるだけはやめにお問い合わせください!

 

 

 

初回相談は無料です。
お気軽にお問い合わせください。

 

公式ホームページもご覧ください。

 


名古屋市熱田区金山で評判の若手税理士による開業・起業・会社設立支援・創業融資・資金調達・銀行融資のご相談は苫原拓人税理士事務所まで。

 

 

 

執筆者 坂本力哉

 

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

  • オフィシャルサイト
  • Facebook page
  • 初回相談無料 お問い合わせはこちら