スタッフブログ

2012.05.17更新

みなさん、こんにちは。
名古屋市熱田区金山の税理士の笘原(とまはら)です。

開業、起業、後継者、会社設立をしたばかり又は準備中の若手経営者のためのブログです。

【販売費及び一般管理費と組織力】

【本業利益グループ】
売上総利益
△販売費及び一般管理費
営業利益

営業利益とは売上総利益から販売費及び一般管理費を引いて求めます。
算式:営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費

前号では
営業利益
自社の商品と組織の収益力を表しますとお伝えしました。
(一般的には本業の収益力といいます)

なぜ、商品力+組織力を表すのか?
同じ商品を扱っている
売上総利益(粗利)が1000万円の会社が2社あるとします。

【A社】
売上総利益           1000万円
△販売費及び一般管理費   600万円
営業利益           400万円
算式:営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費
   400万円=1000万円-600万円

【B社】
売上総利益           1000万円
△販売費及び一般管理費   900万円
営業利益             100万円
算式:営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費
   100万円=1000万円-900万円

売上総利益 A社1000万円B社1000万円
販売管理費 A社 600万円B社 900万円
営業利益   A社 400万円B社 100万円

A社はB社と比較して
売上総利益(粗利)が同じですが
販売費及び一般管理費が少ないので
営業利益は多いです
誰だって利益が多い方が嬉しいですよね。

販売費及び一般管理費が少ない理由
・営業マン他従業員が優秀なので人件費が少ない
・商品が魅力的または有名なので広告宣伝費、接待交際費が少ない
・不要な経費や無駄な経費を使っていない
などなど
が考えられます。
組織力、経営力が優れているといえます。
商品力+組織力=営業利益
となる理由です。

せっかくですので
自社の営業利益と販売費及び一般管理費の推移を
月ごとに
年ごとに
再確認
してみましょう。

どのように動いていますか?
・売上総利益は増えた、それ以上に販売費及び一般管理費が増えた、よって営業利益は減った
・売上総利益は減った、それ以上に販売費及び一般管理費が減った、よって営業利益は増えた

良かったり
悪かったり
ここは良くなったけど
ここは悪くなってしまった。
いろいろだと思います。

大切なのは
数字の裏には
必ず原因があります。
その原因を突き止めて
改善に活かしていきましょう。

私たちも
会計事務所として
積極的に
数字を経営に活かせるように
その会社ならではの数字の動きを
ご報告できるように努めています。

それでは、
次号では
販売費及び一般管理費に関連して
固定費をテーマにしたいと思います。



画面右上にバックナンバーがあります。




名古屋市熱田区金山で評判の若手税理士による熱田区、中区、緑区、南区、中村区、中川区、港区、昭和区、瑞穂区、千種区、名東区、東区、西区、北区、天白区、守山区の開業・起業・会社設立支援・セカンドオピニオンのご相談は苫原拓人税理士事務所まで。

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2012.05.11更新

みなさん、こんにちは。
名古屋市熱田区金山の税理士の笘原(とまはら)です。

開業、起業、後継者、会社設立をしたばかり又は準備中の若手経営者のためのブログです。
少しご無沙汰してしまいまして申し訳ございませんでした。

【営業利益とは何だ!】

損益計算書は売上から経費を引いて利益(もうけ)を計算しています。

ウィキペディアですとこのように紹介されています。
イメージの湧かない方はご参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%90%8D%E7%9B%8A%E8%A8%88%E7%AE%97%E6%9B%B8

専門用語のタイトルのままではただの記号なので、
損益計算書の各タイトルを内容ごとにグルーピングします。
【それぞれのグループ】には【それぞれの意味するもうけ(利益)】があります。

【本業利益グループ】
売上総利益
△販売費及び一般管理費
営業利益

営業利益とは売上総利益から販売費及び一般管理費を引いて求めます。
算式:営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費

売上総利益(粗利)についてはバックナンバーをご参照ください。

売上総利益(粗利)が
自社の商品の収益力を表すなら
営業利益は
自社の商品と組織の収益力を表します。
(一般的には本業の収益力といいます)

なぜなら
営業利益は
売上総利益(粗利)から
自社の組織の活動のための費用である
販売のための費用
一般管理のための費用
を引いて求めているからです。
これを【販売費及び一般管理費】といいます。

販売費及び一般管理費の代表的なものは
給料手当
広告宣伝費
接待交際費
地代家賃
消耗品費
などなど
営業活動をするための費用
経理総務のための全ての費用です。
それぞれの意味については今後書いていきたいと思います。

違う視点から見ますと
販売費及び一般管理費は
全ての費用のうち
・商品の仕入代金
・借入の利息
以外の費用全てとなります。
費用の内容で言えば
ほとんどの費用が販売費及び一般管理費ということですね。

本日のポイントです。
営業利益(自社の商品と組織の収益力=本業の収益力)は
売上総利益から
販売費及び一般管理費を
を引いて求めています。

営業利益を知るには
販売費及び一般管理費を
知らなければならない

ということです。

次回はもう少し
営業利益と販売費及び一般管理費の関係について
もう少し深堀したいと思います。





画面右上にバックナンバーがあります。




名古屋市熱田区金山で評判の若手税理士による岡崎市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、碧南市、高浜市、幸田町の開業・起業・会社設立支援・セカンドオピニオンのご相談は苫原拓人税理士事務所まで。弊社のクライアント様の半数は三河地方です。

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

  • オフィシャルサイト
  • Facebook page
  • 初回相談無料 お問い合わせはこちら