スタッフブログ

2018.10.17更新

年末になると従業員がいる会社は、従業員の方々のために年末調整をすることになると思います。
まだ準備をしていくのははやいかと思いますが、そろそろ保険会社より生命保険料控除の証明書として郵便が届いている方もいるようですので今回は年末調整をテーマにしたいと思います。

 

いままで年末調整で一般的に会社に提出が求められる書類は、
・給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
・保険料控除申告書 兼 配偶者控除等申告書
の2つに分かれていました

実は、今年からこの枚数が増えるのです。内容としては、
・給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
・保険料控除申告書
・配偶者控除等申告書
の3枚構成になり、いままで1枚にまとまっていた保険料控除と配偶者控除の申告書が別になりました。


これは、配偶者控除・配偶者特別控除が税制改正により取扱いが変わったことによるものです。この改正される部分については、次回のテーマにしたいと思います。

提出してもらう書類が3枚に増えることでやや大変になるとは思いますが、
“申告書”と名前にある通り、それぞれの書類は自らの意思で申告して初めてことをなすものです。
基本的には、従業員の方々は年末調整をすることによってそれまでに払いすぎている所得税が還付になることが多いと思いますので、
多少面倒ではあると思いますが、少しだけがんばって申告書に記載をしてもらうのが良いでしょう。

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所
執筆者 坂本力哉

 

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.10.16更新

皆さん初めまして、こんにちは
今年の9月から新たに笘原拓人税理士事務所の一員となりました社会人一年生です。
今月10月よりブログの担当をいただきましたのでこれからまだ拙い文ですがよろしくお願いします。文章の成長過程を楽しんでいただけたら幸いです。

最初、ブログに何を書こうか迷い先輩方のブログを見ていましたがまだまだ私には税に関する知識もほぼなく、専門的な知識もないためこの一か月で学んだ新社会人の方にとって大切だと思うことをつづっていきたいと思います。これが来年の4月から新社会人になる方の助けになれたら幸いです。

 学んだことはたくさんありますが中でも一番大切だと思うことがあります。
それは「一人で悩まず周りに聞くこと」です。
これは仕事で少しでもわからないことがあったときに自分一人で悩んで考えるよりも周りの先輩方に聞いて仕事を終わらせることです。
私も最初は、周りの先輩に聞くことにより迷惑かなと考えてしまいあまり聞くことができず、仕事も遅くミスが多かったですが最近では疑問におもったらすぐに聞くよう心掛けています。そうすることによりミスの発見も仕事のスピードも早くなったような気がします。

 新人の頃は聞くことも仕事だと割り切ってどんどん周りの方に頼ってください。
そういう私もこの文章で提出してよいか悩んでいるのでまだまだ完全に実現できていませんけどね…

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所 執筆者 松本涼

 

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.10.12更新

皆様こんにちは!気持ちシリーズ第9弾。
本日も3分程度のおつきあい、宜しくお願いします。

子供たちが成長し、手がかからなくなった今、お墓参りの回数が増え、
実家で両親と語りあえる時間も多少とれるようになりました。

「いつまでもあると思うな、親と金」
幼少期に、母から笑って聞かされた言葉、よく覚えています。

皆様は、オイルショックってご存知ですか?
私は1972年生まれ。
第1次オイルショックが1973年(第2次は1979年)ですので、
白いエプロン姿&かっこいい?くるくるパーマのオバちゃんたちの
トイレットペーパー争奪戦は、物心ついた頃に観た、
テレビの中でしか知りません(笑)
ですが、親から聞いた話はしっかり覚えています。

今回は、その話の中から、「説得・納得」交渉術のセンス、
父の凄さをお伝えしようと思います。

星の数ほどある?家庭のリーダー、父。
現在71歳の父は、当時地方公務員で高校の教師をさせて頂いていました。

私が小学生の頃、母に「なんでお父さんは、学校の先生なの?」と尋ねました。

母が語ってくれました。
「お父さんは、元々会社員やったんよ。〇〇会社の研究者だった。
でも、あんたが生まれた頃、オイルショックっていうのがあってね。
その時、農家の長男とか、会社辞めても食べていける人のリストラ
(←こんな言葉じゃなかった(笑))があったの。

お父さんは、そのリストラは免れたけど、お腹の中にあんたの弟もいて・・
それで、いつ遭うかわからないリストラに備えて、公務員試験の勉強始めたん。
公務員なら、どんなことがあっても食べることに困らないだろうから・・って。
当時、公務員の給料は安くてね。
今より少なくなる給料に、ほんと不安で仕方なかった。
でも、お父さんからこう言われたん。
“目の前のことより、将来をみてくれ!
公務員であれば、理不尽に解雇されたりしない。
家族が安心して食べていけるから“と。
保守的な私は、すごく納得した。
同居じゃなかったし、子供3人抱えてリストラに遭うこと考えたら、
今、給料が減ること以上に不安だったから。
ご近所さんは、皆、職人さん商売人さんやし、
サラリーマンは、うちくらいやったから」と。

ふ~ん・・・。
↑絶対理解していなかった当時の私。聞いてみただけ(笑)

この何十年後、現在。
父に同じ質問をしてみました。
「お父さん、なんで教師になったんやっけ?」

父は答えました。
「そんなの決まっとるやろ。遊びたかったんや~(笑)
 今は、夏休みも学校に出ていかなあかんけど、当時は、
 日・祝日、夏休み、冬休み、土曜日半日。
 そんな休みの多いのは学校の先生やろ(笑)」

ん???ん~~???
母から聞いていたのと違うぞ~???

母が笑いながら父に言いました。
「え?そんな理由やったん?
 あんた、こう言ったや~ん(上の話)」

父、ニヤニヤしながら・・・
「そんなこと言ったか?俺、(笑)
 それは、あんたを説得するための口実や~(笑)」

なるほど・・・
終わり良ければ総て良し か?

共働きが主流ではなかった当時、
転職って相当の覚悟であったことは容易に想像できます。

でもどうしても、遊びたい一心で、母を説得した父。
その上手な言葉で納得した母。

母が無知だったからよかったのか、
父の交渉術が秀でていたのか・・・。
とにかくお2人で、家庭を守ってきたのは事実。
恐れ入ります。

互いの気持ちがモヤモヤしながら過ごせる年月ではない47年・・・。
論理的かつ巧みに感情で訴え(説得)、母を納得させた父。
素晴らしいリーダーシップを発揮したのでは?(笑)

自分の提案を相手に伝える技術、日々学んでいたいことの一つです。

執筆者 金山総合駅徒歩1分 笘原拓人税理士事務所  吉見 文代

 

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.10.10更新

こんにちは、笘原拓人税理士事務所です。

 まだまだ存在する、「愛煙家」にとってはついに1つ500円を超える時代がやってきました。今日は、たばこの値上げを愛煙家として、個人的感想を書きたいと思います。

たばこ税の税収額を皆さんはご存知でしょうか?
2017年で、2.31兆円(消費税込み)となります。20年過去に遡ってみても2兆円を超える税収となっています。総税収の3%近くになると言われています。
私の体感では、周りの喫煙者はかなり減少しているように思います。購入者が減少しているはずなのに、税収が大幅に減少しないことに違和感しかありません。

一部では、たばこの長さを短くした商品や、本数を減らした商品を値上げ前の価格で販売するとも言われています。

今回の値上げの影響を販売数や税収をみながら、いわゆる売れる商品を販売するということだと思います。

短くした商品はとても良いと思います、販売されたらきっと私もその商品を購入すると思います。
ただ、すべての対応が遅いのではと思います。20年間税収が2兆円を維持している、定期的な乱暴な値上げ、愛煙家としては言いたいことが山ほどありますが、税収の用途が正しい社会に使われていることを信じてこのあたりにしておきます。

タバコ代がお小遣いを圧迫して、喫煙者が外でも内でも肩身が狭く、タバコをやめる方も増えて行くと思います。世間では「百害あって一利なし」とは言われていますが、愛煙家として堂々と皆さんの一利を言ってあげましょう。


名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 吉原克宜(よしはらかつよし)

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.10.05更新

今日はスタッフのうち2人のお誕生日でした。
年齢も違うし育った環境も違うのに同じ日に生まれた2人が同じ事務所でお仕事をすることになるなんて、凄い偶然です。

スタッフのお誕生日には所長がケーキを用意してくれます。
そしてスタッフ全員で一緒にケーキを食べて全員でお祝いをします。
みんなで紅茶を入れてわいわいティータイムです。
そんな時はみんなニコニコになってしまいます。
みんなに「おめでとう」って言われて、お誕生日の人も笑顔。
何歳になっても「お誕生日おめでとう」は嬉しいものですね。
そしてそんな笑顔を見て、周りのみんなも笑顔。
事務所が笑顔に溢れました。

今日は2人分のケーキが届き、事務所がケーキで溢れていました。
所長は色々なところからケーキを用意してくれるのですが、何故かいつもとても美味しいです。
もう数えきれないくらい頂いていますし、一度も同じケーキだったことはないのですが、不思議と毎回美味しくて、幸せな気持ちになれます。
今日は秋らしくマロンののったモンブランケーキでした。
今日のケーキも美味しかったです。
見た目も素敵だったので、是非インスタを見てみて下さい。

そしてケーキのプレゼントを頂いて、家に持って帰り家族ともう一度お祝いします。
家族にまで用意していただけるのはとても嬉しいです。
家族が笑顔でケーキを見る様子を見て、自分だけでなく自分の家族も大事にされているのを感じ、感謝の気持ちでいっぱいになります。

お誕生日にケーキを用意していただけるというだけで、大人になってしまった私でもお誕生日が素敵なイベントの日になりました。
こんなイベントが我事務所では毎年スタッフの人数分だけ行われます。

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 加藤幸子

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.10.02更新

皆様こんにちは!気持ちシリーズ第8弾。
本日も3分程度のおつきあい、宜しくお願いします。

先日、「こどもお仕事体験」が名古屋・吹上ホールで開催されました。
小学生が対象でしたが、様々な性格・考え方があり、
こちらの方が大変勉強させていただいたイベントでした。

そのゲームの中に「しゃくようしょ」というカードがありました。
売上を上げ、
利益を得るため、
市場で仕入をするための、
お金を借りる。
その時の「しゃくようしょ(借用書)」です。

この「しゃくようしょ」、意味をわかってくださったお子様は、
「これ要らん!!返す^▽^」と言って互いに笑い合いました。

そのカード、ゲームの最後に借りたお金と共に、
こちらに返済してもらうのですが、
「え~~?!返したくない!!!!なかったことにしてぇ~」
と、本当に面白いやりとりがありました。

ふと、考えました。
このお金の貸し借りですが、
大人になってから友人・知人、親戚等、
少額・多額問わなければ、一度は皆、経験があるのではないでしょうか。

「立替」を「借りた(または貸した)」と言うか否か。

「とりあえず渡したお金(仮払金または仮受金)」を
なかなか精算してくれない(しない)場合、
「借りたことにする(または貸したことにする)」のか否か。

少額でアルアルなのは、貸した方が貸したことを忘れ、
借りた方も借りたことを忘れる。
これであれば、何も問題ない・・というより、
貸した方が思い出さない限り、問題にならない。ですね?

ただ、人の心は「何かしら思い出すもの」なのです。
ここに人間性、信頼関係、色んなものが複雑に絡み合います。

ちなみに私は、18歳の時(今から28年前(^^;))に
名古屋市内の某所(あの時あの場所、会話も鮮明)で、
友人の友人、に10,000円を貸したことがあります。
同郷だったこともあり、友人を信じて、その友人に貸しました。
結果・・・返ってこなかったです(笑)

25歳の頃、刈谷駅で同僚に1,000円を貸し、
その数日後、「返すから」と呼び出され、
ノコノコと刈谷駅まで出向いていったら、
「電車代5,000円を貸してほしい」と言われました。

ん~~??(笑)

本当にその気になって探せば、見つかる人達だと思いますが、
もちろんそんな労力をかける気にもなりません^^;。

何を伝えたかったか・・・

「覚えている」ということです。

もしかすると、私も誰かからお金を借りたことを忘れ、
「あいつに貸した・・・」と
思われているやもしれません・・・
過去に、私にお金を貸した方、ごめんなさい。
今からでも返済させてくださいm(__)m(笑)

他にも色々あったとは思いますが、
鮮明に覚えていることと、そうでないことがあります。

それは何故か。

「ま、いっか」
と、その時に自分の気持ちを消化できたか否か。

少なくとも私はそう思うのです。
気持ちよく出したお金は覚えておらず、
「何かしら思うところ、感じたところ」に
違和感があると覚えている。

十人十色。皆それぞれ、価値観が違う。
これは、絶対に忘れてはならない。
「少額だから諦めがつく。貸すときは、あげたと思え。」
そう。それでも、諦めていても、頭で理解していても、
その人に対する危機感、違和感は簡単には消えないものです。

こどもお仕事体験で、「しゃくようしょ」で笑いをとり、
そして今回のネタをくださった小学生に感謝です♪


執筆者 金山総合駅徒歩1分 笘原拓人税理士事務所  吉見 文代

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.09.28更新

レジャークラブというとリゾートトラスト株式会社のエクシブなどが浮かぶと思われます。
利用を目的とした会員権について、登録料や入会金、保証金などの名称がつけられていることがありますが、それぞれで経理処理が異なることがあります。

その中でも今回は、“償却保証金”についてです。

“償却”保証金というからには、減価償却と同様に一定期間で損金とされる性質のものであると思われる方も少なくないでしょう。
実はこれは間違っています。

結論だけいうと、“償却”保証金といいながらもこれは償却により損金とすることができません。
レジャークラブの入会金の取扱いについては法人税法基本通達9-7-13の2に掲げられているのです。

愛知県蒲郡市に2019年3月(予定)に新しいリゾート施設ができるそうでまだまだ先にはなりますが、利用されるご予定がありそうであれば覚えておいて損はないでしょう。

東京からの帰りの新幹線グリーン席で執筆しておりますが、金曜日&夕方&三連休のコンビネーションで通常の指定席が一時間以上先まで一杯で席を全くとることができませんでした。車内アナウンスでどうやら自由席は通路も一杯なようで、作戦ミスだと思わされました。
先を予測する能力がやや劣っていたと反省。
世の中の変化に追いつかれないように、トライ&エラーで自分自身も小さなところからでも昨日より前進したいと思います。

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 坂本力哉

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.09.26更新

こんにちは、笘原拓人税理士事務所です。

 昨日、ネット・テレビに貴乃花親方の引退報道が流れました。最近はそれほど見てはいないですが、子供の頃は大好きで特に若貴時代の頃は相撲に夢中でした。柔道部だった私は、前の日の取り組みを友人たちと話をしたり好きな力士のものまねをしたりと、青春の大切な思い出です。

昨年から、協会と貴乃花親方の確執が取り上げられても、貴乃花を好きだった私はテレビにうつる姿を見られるだけでとても懐かしい気持ちで嬉しかったです。
そんな、貴乃花親方が引退と発表し本日は朝からその報道ばかりでした。
ファンとしては、どうしても貴乃花の目線で話を聞いてしまい、敵=協会になってしまいがちですが、引退せずに協会内でこれからも異端児でいて欲しかったです。

 私もそうですが、こういった報道は誰目線で聞くか・どこの情報だけを聞くか等でとても危うい偏った印象になることを怖いことだと思っています。
ネット社会になり、すぐに最新の情報が耳に入り、記者の個人的感想をそのまま鵜呑みにすることなどはあってならないことだと思っております。
便利な道具=ネット を生かすも殺すも使い方次第と改めて考えさせられました。
そした、何事ごともあらゆる面から考えることが大切であることを再認識しました。

相撲にこれから貴乃花が関わらないことになれば、私世代の相撲好きには少なからず相撲離れに拍車がかかるのではないかと心配もしています。

これから、多方面で貴乃花が活躍されることをファンとしては期待したいと思います。

そして、このブログを書いている最中に「大谷選手 右ひじ手術 復帰は2020年」というニュースが・・・

 

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 吉原克宜(よしはらかつよし)

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.09.25更新

9月24日(祝日) 吹上ホールで開催された「こどもおしごと体験」へ出展しました。
愛知中小企業家同友会としては今回で5回目になるイベントで、地域と地元中小企業との関わり合いを目的に行われています。
子供達は基本無料で色々な体験が出来ます。

様々な業種から出展があり、どのブースも趣向を凝らされていました。
私たちは「社長になって商売で儲けよう!目指せ、利益日本一!」と題して、子供たちにゲームをしてもらいました。
文字通り一人一人に社長さんになってもらい、借入・仕入・売上・返済・決算を体験してもらうゲームです。
決算作業では暗算で計算してもらう場面もあって、勉強っぽくて嫌がられてしまうのではないかと思っていたのですが、意外に夢中でやってくれました。
初めて会う子達と競ってもらい、一番沢山利益を上げた子を拍手で賞賛します。
そして、一億円分の札束のレプリカを抱っこして記念撮影!
その重さにヨロッとする姿がかわいかったです。

開会式では河村市長より「子供だというだけの資格で平等に参加できるこのようなイベントは、今の子供たちにとってとても重要だ」というお言葉を頂きました。
イベントは大盛況のうちに終わり、私たちもほんの少し地域の方々へお役に立てたような気がして嬉しかったです。
税理士事務所としては唯一の参加であり、子供達には分かりにくい「税理士」という仕事へ興味を持っていただけたらいいなと思います。
色々な性格の子供達に接すことが出来、ただただ楽しい時間を過ごさせて頂きました。
このような機会に恵まれ光栄でした。


名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 加藤幸子

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

2018.09.21更新

昨晩、子どもたちに本を読んでいると、ふと考えさせられました。
それはある人間のような2匹の猫のお話なのですが、こんな場面がありました。
ある字を読めるボス猫からもう1匹の猫が字の読み書きを教えてもらいます。字を書けるようになった猫は、字を読めない他の猫に、「自分のことをこんな風に書いてみて!」と頼まれるのですが、字を書けるようになった猫は、わざと悪口を書いて、「言われた通り書いたよ!」といってバカにします。それを影から見ていた字を教えてくれたボス猫に後から「ああいう行為は徳がない。やってはいけない。」と注意されるのです。児童文学ではありがちな子どもに道徳心を教えるシーンです。
その時、子どもから、「徳ってなあに?」と聞かれました。
徳とは辞書で調べると、「社会的に価値のある性質とか、広くほかに影響を及ぼす望ましい態度」とあります。

それを見て、中学時代に入っていた部活の新入部員だった後輩の一人を思い出しました。
その子は、一見新入部員その他大勢の一人でした。
ですが、ある日偶然私が早く授業が終わり体育館へ練習に行くと、その後輩の姿があり、みんなが練習を始める前の準備を一人で行っていました。自ら進んでです。そして一人で準備をしている彼女の姿はとても生き生きとして、表情は輝いて見えました。彼女はみんなの知らないところで毎日一番に体育館へ行き、準備を行ってくれていたのです。誰に言われたからでもなく、評価してもらうためでもなく。
私はその一瞬で彼女に対して、尊敬の念、そして憧れの気持ちさえ抱き、彼女と一緒に部活ができることをとても幸運に感じました。
彼女はあっという間に頭角を現し、全部員の内2人しか選ばれなかったソロの試合にも2年生で出ていました。そして満場一致で部長になりました。
彼女は私が今まで出会った人間の中でも指折りの徳のある人であったと感じます。
彼女が今どうしているかはわかりませんが、仕事をしているとしたら、きっと優秀な社員、または経営者になっているかもしれません。

私が新卒で入社した会社は社員数が多かったので、いろんな人を観察することができました。特に職場は損得勘定も入るため、徳のある人間かどうかがよく現れます。上司の前でだけ自分を取り繕い評価されている人、自分から進んで何かをすることはなく言われたことだけ完璧にこなす人、収入を得るためだけに惰性で仕事をしている人、会社に対して諦め他人を妬んでばかりいる人、会社外では会社がこうあるべきだとかいっているのに上司の前になると決して意見しない人。そんな人達の中にいると、仕事への希望を見失いそうになることもありました。
これは新入社員の方は多かれ少なかれ通る道なのかもしれません。そんな時、決して諦めないでください。周りを変えることは難しいけれど、部活の後輩を見て自分が感じたように、自分が発信することで周りの感じ方が変わることもあるかもしれません。信念を貫くことは容易いことではないですし、孤独を感じるけれど、自分が徳のある人間になれば、まわりに少しは影響を与えることができるかもしれない。そんな風に考えてみてはいかがでしょうか?

仕事は収入を得るためだけの場所ではなく、自分の時間をその会社に投資していると私は考えています。自分の人生の中の貴重な時間の大半を投資しているのに、ただ収入を得るためだけの手段とは考えにくいです。
自らが経営者だったらどうでしょうか?ただ収入のために指示した仕事をこなす社員と、会社のためにどうしたら会社が良くなるかを考え提案・行動する社員のどちらを雇用したいでしょうか?
前者のような社員の多い会社では、残念ながら後者のような社員は居心地が悪いことが多いです。結果的に後者は辞めていき前者のような社員ばかりが残り、会社は衰退への一途をたどることになるでしょう。
経営者の方は、面接時にその人が「働くうえで大切にしていることは何か」を聞いてみるとよいかもしれません。率直にお金と答える人はいないかもしれませんが、自分の会社の経営指針と合致しているかはわかるかもしれません。

まだまだ未熟な私は、仕事をすることにより自分の人間性をも成長させる機会、徳を積む機会を頂いていると考えています。そして、そのような場を与えていただいた方々に感謝をし、会社のためにできるだけ貢献したいと思っています。
更に我が事務所の企業理念、「一生懸命生きる人の力になる!」これを自分には少しでも成し遂げられているだろうか?と自問自答しながら働いています。

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 大藏陽子 

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

前へ
  • オフィシャルサイト
  • Facebook page
  • 初回相談無料 お問い合わせはこちら