知らなきゃ損する落とし穴Blog

2012.06.29更新

みなさん、こんにちは。
名古屋市熱田区金山の税理士の笘原(とまはら)です。

私の知る限り日本国内で一番高齢者の方が加入できる生命保険、
86歳上90歳以下の方でも加入できる生命保険の保険商品が
平成24年6月末をもって販売が終了となりました。
相続税の節税対策の保険商品としてご好評でしたので残念です。

引き続き85歳まででしたら加入できる生命保険をご紹介できます。
主な加入条件は
・ご本人の意思がはっきりしていること
・入院をしていないことです。
生命保険を活用した相続税の節税にご興味がある方はお問い合わせ下さい。

ここでワンポイントですが、
なぜ生命保険金が相続税の節税につながるのかをご説明します。


相続税には生命保険金の非課税枠があります。
相続人の取得した生命保険金がこの非課税枠の範囲内であれば相続税は課税されません。
生命保険金の非課税枠の具体的な金額は
「法定相続人(注)の数×500万円」
です。

例えば法定相続人が4人いる被相続人(注)がいるとします。
法定相続人の数4人×500万円=2000万円が相続税の生命保険金の非課税枠となります。

預金を2000万円持っていると、その預金2000万円にはダイレクトに相続税が課税されます。

それに対し2000万円の預金を生命保険会社に払込み、生命保険会社から被相続人の死亡の際に死亡保険金として相続人が2000万円を受け取ります。この2000万円は法定相続人の数4人×500万円=2000万円の相続税の生命保険金の非課税枠内ですので、相続税が課税されません。

同じ2000万円の価値なのに
財産の種類を組み替えることにより相続税が少なくなる
代表的な相続税の節税手法です。

ただし、生命保険非課税枠は近い将来存続はしますが、改正され要件が厳しくなり、非課税枠は縮小される予定です

相続税対策を詳しく知りたい方は当社の公式サイトの相続税のページ(下記アドレス)をご覧下さい。
(注)用語の意義は公式サイトの相続税のページをご覧ください。
http://www.t-taxfirm.com/service04.html

平成24年6月29日現在の法令です。


クライアント様におかれましては
担当者までお気軽にお申し付けください。


画面右上にバックナンバーがあります。

フェイスブックアカウントをお持ちの方
ホームページ左側の笘原拓人税理士事務所のフェイスブックページにて
「いいね」をクリックしていただければ
ブログが更新された際にあなたのニュースフィールドに表示されます。
タイトルしかニュースフィールドには表示されませんので、
興味のあるタイトルの時のみクリックをして読むことができ、
無駄な時間は使いません。

相続税対策コンサルティング、単発やスポットのご依頼もお引き受けいたします。
セカンドオピニオンのご相談は名古屋市熱田区金山の苫原拓人税理士事務所まで。

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

  • オフィシャルサイト
  • Facebook page
  • 初回相談無料 お問い合わせはこちら