スタッフブログ

2018.09.28更新

レジャークラブというとリゾートトラスト株式会社のエクシブなどが浮かぶと思われます。
利用を目的とした会員権について、登録料や入会金、保証金などの名称がつけられていることがありますが、それぞれで経理処理が異なることがあります。

その中でも今回は、“償却保証金”についてです。

“償却”保証金というからには、減価償却と同様に一定期間で損金とされる性質のものであると思われる方も少なくないでしょう。
実はこれは間違っています。

結論だけいうと、“償却”保証金といいながらもこれは償却により損金とすることができません。
レジャークラブの入会金の取扱いについては法人税法基本通達9-7-13の2に掲げられているのです。

愛知県蒲郡市に2019年3月(予定)に新しいリゾート施設ができるそうでまだまだ先にはなりますが、利用されるご予定がありそうであれば覚えておいて損はないでしょう。

東京からの帰りの新幹線グリーン席で執筆しておりますが、金曜日&夕方&三連休のコンビネーションで通常の指定席が一時間以上先まで一杯で席を全くとることができませんでした。車内アナウンスでどうやら自由席は通路も一杯なようで、作戦ミスだと思わされました。
先を予測する能力がやや劣っていたと反省。
世の中の変化に追いつかれないように、トライ&エラーで自分自身も小さなところからでも昨日より前進したいと思います。

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 坂本力哉

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

  • オフィシャルサイト
  • Facebook page
  • 初回相談無料 お問い合わせはこちら