スタッフブログ

2018.08.27更新

皆様こんにちは!気持ちシリーズ第6弾。
本日も3分程度のおつきあい、宜しくお願いします。

先日、お盆休みの間に孫が生まれました。
3,112g 50cm 男の子
お嫁ちゃん本当にお疲れ様でした。ありがとう。
むちゃくちゃ可愛いです。完全に婆バカです。

出産日、当日は25年前の自分の時がフラッシュバックしたり、
どんな顔なのか、とか胸を膨らませ、ドキドキでした。
何より五体満足でこの世に出てきて欲しい・・・と願う気持ちは
決して口に出せない分、不安でもありました。
無事に病室に運ばれてきた時の感動は、
時間が経った今でも言葉にするのが難しいです。

お嫁ちゃんが入院している間、久しぶりに
息子と話せる時間がゆっくり取れました。
「親の仲間入り」をした、父となった息子との会話は大変貴重でした。

息子の話を聞きながら、当時、主人もこういう感覚だったのかな?と、
反省も込め、聞き入っていました。
25年前の私にそんな余裕があったかというと、
はっきり、「なかったです」と言い切れます(笑)

昔の自分も今の自分も同じ自分なのに、
何が変わったのか、変わっていったのか・・・
改めて振り返ってみても、
子育てほど自分の思い通りにならないことはなかったです(笑)

そう思うと、やるしかない、逃げられない環境の中で
変わらざるを得なかったのか?そんなふうに思い返しながら、
昔の自分より今の自分の方が好き!!
という気持ちを自分に伝えることができました。

そして、その余裕がなぜなかったのか、も考えてみました。
自分と子供。慣れない子育て。
とてもとても、主人を思いやれる心と身体の余裕がなかった。
(心が狭かった?と認めたくない私)。
これはきっと、優先順位が違ったのでしょう・・・
でも待て待て・・・
じゃあもし今、昔より成長したと思っている自分が出産子育てしたら?
怒りやイライラのない絵に描いたようなゆったりした生活が送れるのか?

そんなわけない。100%ない。「もしも」がないから。
今出産したら、確実に命の危険に冒され、それどころじゃない。
周りの皆様に迷惑をかけることしか生まれない(笑)
結局、今にしかできないことがある。
だからこそ、今自分にできることを一生懸命やる。
これが一番!!それしかない!!

そして息子よ・・・頑張れ。
出産後の妻は、凶暴である・・・と心得よ。
そう思うことで、
「うちの妻はなんてできた妻なんだろう°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°」
と、嬉しくなるはず。

なんで妻は機嫌が悪いんだろう?
と思うことが、もしもあったなら、
あなたが子供の頃、毎日のようにみていた、
この母の鬼のような顔を思い出しなさい。
そうすればきっと、あなたがいる場所はオアシスです。

人も動物であり、生理的に理性がきかなくなることもあります。
仕事も大変だろうけれど、そんな大変な時こそ、妻と子を大きく包める、
夫・父になることを努力し続けてください。
~仕事と家庭を支えて頑張っているすべての男性方へエールを送ります~

そんなふうに思いながら、婆の役割を頑張っています(#^^#)
「じじばばっ子は三文安い」と言われないよう、
さいこやかず(三重弁)、陰で支える側で見守っていきます。

 

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 吉見文代

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

  • オフィシャルサイト
  • Facebook page
  • 初回相談無料 お問い合わせはこちら