スタッフブログ

2018.08.08更新

こんにちは。8月5日から今年も夏の甲子園がスタートしました。
今年は100回記念大会ということで、例年とは違う点がいくつか
あるようです。たとえば、次のような点です。

① 出場校数の多さ 
今大会は、56校が出場します。多くの県で1県2校が出場します。
事務所のある愛知県も通常は1校ですが、今年は2校出場します。
それぞれ西愛知(尾張)と東愛知(三河)から選ばれました。
他県民の方からすると、何が違うの?と思われるかもしれませんが
方言等違うところがチラホラ。この話はまた改めてしますね。

② レジェンド始球式
過去、甲子園を熱狂させてくれた名プレイヤーによる始球式が
開幕の5日から決勝戦の21日まで連日実施されます。
すでにプロ野球を引退されたOBをはじめ、幅広い世代の
選手が見られます。

③ 信じられない暑さ
連日日本中のどこかが40℃近くまで気温があがっているという
信じられない暑さが続いています。甲子園は言うまでもなく屋外球場。
高校球児だけでなく、関係者の方や現地に応援に行かれている方や
サポートをされている方々が安全に甲子園を楽しめることを願います。

普通のプロ野球と違い、負けたら終わりの甲子園。青春をささげて
ひたむきにプレーする姿に世代を問わず、惹きつけられるスポーツ。
いつもとは違う甲子園、今年しかできない楽しみ方で観戦していきたいと
思います。

名古屋市中区 笘原拓人税理士事務所  執筆者 Y.O

 

投稿者: 笘原拓人税理士事務所

  • オフィシャルサイト
  • Facebook page
  • 初回相談無料 お問い合わせはこちら